月経前症候群のイライラを解消|不愉快な症状をすっきり改善

笑顔の女性

生理前の不快な症状

困る女性

女性ホルモンの変化が原因

生理が始まる1週間から10日くらい前からイライラや憂鬱といった心の不調、乳房が張って痛む、腹痛や腰痛、おりものの量が増えるといった不快な症状に悩まされる女性は非常に多いと言われています。生理前のこれらの不快な症状は月経前症候群と呼ばれています。月経前症候群の症状は多彩で、先にあげた代表的なものの他に肩こりや背中のハリ、のぼせやほてり、むくみや肌荒れ、不眠等いくつもあり、毎回違った症状があると答える人も少なくないのです。月経前症候群の大きな特徴の1つが、生理が始まると症状が収まるというものです。月経前症候群とよく似たものに「月経困難症」といういわゆる激しい生理痛等が起こるとされる病気がありますが、こちらは生理が始まって初日から3日くらいが症状のピークを迎えることからこうしたお互いの特徴の違いにより区別できます。月経前症候群の原因は実はまだはっきりと解明されていません。しかし、おそらく排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると考えられています。これは、生理前には女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの分泌が増え、生理が始まるとこれが急激に減ることから関係あるのではと推察されているのです。

この症状が疑われたなら

月経前症候群が重くなる原因の1つにストレスや睡眠不足があげられています。これは仕事や家庭生活において、非常に忙しい時期や精神的な負荷がかかると月経前症候群の症状がひどくなることがよくみられるからです。また、毎月一時的に起こるものだからと症状がひどくても我慢しているとそれがストレスを呼び、さらに悪化することも少なくないと言われています。こうしたことから日常生活を正し、なるべくリラックスすることを心がけることが大切です。そして、症状が重い場合には必ず婦人科や心療内科を受診することが勧められています。これは月経前症候群以外に子宮内膜症などの婦人科系の病気、鬱病などの精神的な病気が隠れているケースがあるからなのです。こうした病気は将来の妊娠や出産に加え、仕事のステップアップといったライフステージに支障が起こる可能性があるためなるべく早く治療することが大切です。月経前症候群は女性の日常生活の質を下げる原因の1つですが、欧米に比べて我が国では積極的に改善するという機運に乏しいと指摘されていました。しかし昨今では女性の社会進出が進み、生活の質の向上が大きくクローズアップされるようになっています。こうした環境の変化から現在では月経前症候群の症状を抑えるために病院で治療を行うことや、漢方の使用、ヨガなどによるセルフケア等、積極的な改善を取り入れる人が増えており、こうした傾向は今後ますます増えていくものと考えられています。

Copyright© 2016 月経前症候群のイライラを解消|不愉快な症状をすっきり改善All Rights Reserved.