月経前症候群のイライラを解消|不愉快な症状をすっきり改善

笑顔の女性

月経前に起こる女性の症状

微笑む女性

女性ホルモンの低下が原因

女性は男性よりも多くの臓器を持っています。それは子供を出産するために必要な臓器です。そのため、男性にはない女性特有の病気や症状があります。その中の1つが月経前症候群と呼ばれるものです。これは月経が近くなると、3日から10日の間にかけて精神的な不安やイライラなどが起こり、身体的にも頭痛や腹痛や便秘などの症状が起こるのです。月経前症候群の原因は女性ホルモンの低下などですが、その他にも様々な要因があるといわれています。女性には排卵のリズムというのがあり、それによってホルモンの異常が起こったりするのです。異常を引き起こすきっかけとなるのがストレスなどです。精神的障害としては情緒不安定やイライラ、抑うつ症状、集中力の低下や睡眠障害などが起こります。身体的障害としては腹痛や頭痛やむくみ、便秘や乳房の張りなどの症状が起こります。また自律神経症状としてはめまいやのぼせ、倦怠感などが起こります。治療法は薬物療法がメインになりますが、原因となる排卵を止めるためにホルモン量の少ない低用量ピルなどが使われます。今後は薬物療法以外の低タンパクや高炭水化物の食事をとったり、適度な運動を行ったりなどの生活改善を取り入れた治療法が多く行われていきます。

食生活とストレスに注意

月経前症候群については男性はもちろん、女性の間でもしっかりと認識している人は多くないのです。ただ単に月経前には情緒が不安定になり、イライラしやすくなるという程度の理解がほとんどなのでそれほど重視されていないことが多いです。まずは女性自身が月経前症候群について知ることが大切です。知ることによってある程度の症状の緩和を期待できるのです。例えば食生活の栄養バランスを良くすることで体調を保つことができます。積極的に食べた方が良い食材としては緑黄色野菜、豆類、海草類、オリーブ油などの植物油脂、玄米などの穀類です。また反対に避けたい食材としては砂糖や塩分の摂り過ぎ、カフェイン、アルコール類、添加物の加工食品や漂白した小麦粉などです。これらを守るだけで精神的身体的な症状を緩和することができます。ただし月経前になると食の好みが変化して、食べてはいけないものを食べたくなってしまいます。それを我慢するとストレスになり、かえって悪影響になる場合もあります。そのような時は一度に食べないで、少しずつ分けて食べるような工夫が必要です。ストレスを溜め込むと精神的な症状が特に出やすくなるので、なるべくアロマテラピーや入浴によって気持ちを解放することが必要です。

Copyright© 2016 月経前症候群のイライラを解消|不愉快な症状をすっきり改善All Rights Reserved.